ここから本文です

ファティ・アキン新作2018年公開、ダイアン・クルーガーがカンヌ女優賞を獲得

5/29(月) 20:40配信

映画ナタリー

「ソウル・キッチン」で知られるファティ・アキンがメガホンを取った「In the Fade(英題)」が、2018年に日本公開されることが決定した。

【写真】「50年後のボクたちは」 (c)2016 Lago Film GmbH. Studiocanal Film GmbH(他1枚)

ドイツ・ハンブルクのトルコ人コミュニティを舞台にした本作。愛する家族を爆弾によって奪われた女性が、自身の手で犯人に復讐をしようと決意するさまを描く。第70回カンヌ国際映画祭の女優賞に輝いたダイアン・クルーガーをはじめとして、ウルリッヒ・トゥクール、ヌーマン・アチャル、ヨハネス・クリシュらがキャストに名を連ねる。

なおアキンの監督作「50年後のボクたちは」が、9月16日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

最終更新:5/29(月) 20:40
映画ナタリー