ここから本文です

小林麻央が退院 在宅医療に切り替え 子供たちに「早く会いたい」

5/29(月) 19:06配信

デイリースポーツ

 がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が29日、入院先の病院から退院した。麻央がブログで「退院致しました」と報告した。4月22日に再入院し、痛み止めの量を増やし、輸血、点滴治療を続けてきた。夫の市川海老蔵(39)は28日の会見で海老蔵は麻央のがんが顎(アゴ)にも転移したことを説明していた。

【写真】海老蔵ファミリー 家族4人で笑顔の記念写真

 麻央は29日夕、ブログを更新し、花輪を頭に、乾杯用の人参ジュースを手にした写真をアップ。「退院致しました。皆様、たくさん祈って下さり、ありがとうございました」と退院を報告。「これからは在宅医療に切り替え、自宅で点滴など続けながら、在宅医療の先生、看護師さんそして何より 家族に支えてもらいながら生活していきます」と在宅医療に切り替えたことを明かした。

 また、「退院前は、これから家族へかけてしまう負担が怖く、退院が近づくたび不安でしたが、やはり我が家は最高の場所です」と1カ月ぶりに我が家に帰ることができた喜びを伝えた。

 また、子供たちに「早く 会いたい」とつづった。

 一方、海老蔵は「今日実はまお」のタイトルでブログを更新し、「帰ってきました 家に」と入院していた麻央が帰宅したことを報告。やわらかな日差しが差し込む自宅の窓際で撮影した自身の写真とともに「おかえり」と左手を挙げて麻央を出迎える気持ちを表していた。