ここから本文です

小林麻央退院「麗禾は大興奮中」…報告の海老蔵「そりゃそうだ涙」

5/29(月) 21:32配信

デイリースポーツ

 がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が29日、退院した。麻央がブログで「退院致しました」と報告した。4月22日に再入院し、痛み止めの量を増やし、輸血、点滴治療を続けてきた。夫の市川海老蔵(39)もブログで「おかえり」とつづった。

【写真】5歳になった麗禾ちゃんお目見え

 海老蔵は28日の会見で、「ブログを見て頂いたらわかるように、顎(アゴ)のこととか…」と麻央のがんが顎にも転移したことを説明していた。

 麻央は29日夕、ブログを更新。乾杯用の人参ジュースを手にした写真をアップし、「退院致しました。皆様、たくさん祈って下さり、ありがとうございました」と退院を報告。「これからは在宅医療に切り替え、自宅で点滴など続けながら、在宅医療の先生、看護師さんそして何より 家族に支えてもらいながら生活していきます」と在宅医療に切り替えたことを明かした。

 退院前は家族への負担が増えることが「怖く」「不安」だったという麻央だが、「やはり我が家は最高の場所です」と自宅に戻れた喜びをかみしめ、「子供たち 早く 会いたい」とつづった。

 海老蔵は帰宅した麻央と子供たちの様子をブログにアップ。アイスを食べる長女・麗禾ちゃん(5)の写真をアップし、「ようやく」「ママと麗禾 2人とも幸せそう」「麗禾は大興奮中」と伝え、「そりゃそうだ涙」「今日はいい日だった」としみじみ書き込んだ。

 海老蔵のブログにはパジャマ姿の麻央が、麗禾ちゃんの背中を支えるように、そっと右手を添えている写真(※麻央の顔は写っていない)が添えられている。

 長男・勸玄君は遊び疲れ、寝入ってしまったことも記されている。