ここから本文です

【大宮】DF高山、伊藤彰新監督初戦のルヴァン杯磐田戦に「勝利ささげたい」

5/29(月) 18:51配信

スポーツ報知

 J1大宮は29日、さいたま市内で練習を再開。28日に渋谷洋樹監督(50)が解任され、この日から伊藤彰新監督(44)が指揮を執った。31日のルヴァン杯、磐田戦(ヤマハ)を見据え、実戦練習など約90分。練習後、伊藤新監督がユース監督時代にユースでプレーしていたDF高山和真(20)が新体制初陣勝利を誓った。

 高山にとって、この日から指揮を執る伊藤監督はユース時代の恩師。活気ある初日の90分の練習を終え、「僕自身お世話になりまくっている。今があるのは彰さんがいたから。もし(磐田戦に)出れたら初陣に勝利をささげたい」と力を込めた。

 2012年から14年まで大宮ユースで3年間指導を受けた。それだけに、再び伊藤体制の下でプレーする喜びと緊張感がある。この日のミーティングでは伊藤新監督の真剣なまなざしに昔を思い出した。「久々に“あの目”を見ました。ユースの時に大事な試合の時にする(監督の)目です」と、最下位に沈むチームの監督を引き受けた伊藤監督の並々ならぬ思いをそこでくみ取った。

 新体制の初戦は31日のルヴァン杯、磐田戦。「切り替え、ポジション取り、球際、ボールに速くいくとかは大まかに見てもわかる部分。僕たちの意識次第で変わる」と高山。ピッチで必死な姿を見せるつもりだ。「ここから上昇気流に乗っていきたい」。苦境にあえぐチーム。指揮官交代をへて、まずはJ1残留を目指す。

最終更新:5/29(月) 18:51
スポーツ報知