ここから本文です

大仁田、10・31後楽園ホールでの引退に「人数でもお金でもないんだよ」

5/29(月) 19:59配信

スポーツ報知

 10月31日に東京・後楽園ホールで行われる元参院議員でプロレスラーの大仁田厚(59)の引退試合のチケットが6月1日に先行発売されることが29日、事務局から発表された。引退試合に向けて大仁田の新たなコメントも発表された。

 以下、全文

 「俺って後楽園ホールでデビューしたんだよな。43年前のデビュー戦は、馬場さんに言われて先輩の佐藤昭雄選手に決まったんだけど、もうわからないくらいに緊張してたんだろうな、覚えてないよ。引退もしたな。あ、最初のなFMWの旗揚げは、露橋と後楽園ホールだったし、初めて12月に有刺鉄線を使ってハードコアの世界を作ったのも後楽園。俺ってつくづく後楽園ホールと縁があるんだよ。俺はプロレスが大好きなんだよ。本当に好きなんだ。

そんな俺がリングを降りる決心をした。いろんな人が、引退興行が後楽園ホールじゃキャパが小さいというけれど、人数でもお金でもないんだよ。俺の原点で節目はいつも後楽園なんだよ。大仁田厚は10月31日に後楽園ホールで引退します。最近、宮崎駿監督の復帰でよく引き合いに出されるけど(笑)だけど今回の引退は本当に本当に本当なんだ。ぜひ俺の最後を観に来てください」

 チケットは6月1日午後1時から大仁田厚事務所でメール(info@onitafire.com)で先行発売(プレイガイドは7月から)。

 券種は「邪道スペシャルスーパーシート」(記念品付2万円)から「大仁田厚を好きな人も嫌いな人もおいでよシート」(6000円)まで5種類ある。

最終更新:5/29(月) 19:59
スポーツ報知