ここから本文です

辰吉寿以輝、4か月ぶりスパー再開…次戦は元インドネシア王者に決定

5/29(月) 20:50配信

スポーツ報知

 大阪帝拳ジムは29日、元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(47)の次男・寿以輝(20)の次戦(7月9日、大阪・エルシアター 報知新聞社後援)の対戦相手を発表した。元インドネシアスーパーバンタム級王者で現同級3位のジュンドゥラ・ファウザン(29)との右構え対決。寿以輝にとっては初の8回戦で、昨年12月に妻・優さん(19)と結婚後初の試合でもある。試合後の7月19日には第1子の長女が誕生予定と一層、練習にも熱が入る。

 1月の練習中に左拳のじん帯を断裂し、2月の試合が中止となった寿以輝はこの日、4か月ぶりにスパーリングを再開。同階級のノーランカー選手と6ラウンドをこなし、激しい打撃戦を繰り広げた。力強い左のフックやボディーブローを打ち込み「左拳に痛みはない。もっともっと実戦感覚を磨いていきたい。試合ではジャブを効かせて、まとめて倒したい」と3連続KO勝ちを狙う。通算成績は寿以輝が6勝(4KO)、ファウザンが7勝(1KO)2敗1分け。

最終更新:5/29(月) 20:50
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ