ここから本文です

【安田記念】ロゴタイプ、7歳にしてさらなる進化!史上3頭目の連覇あるぞ

5/30(火) 7:03配信

スポーツ報知

◆第67回安田記念・G1(芝1600メートル、6月4日・東京競馬場)

 昨年の覇者ロゴタイプは、ヤマニンゼファー(92、93年)、ウオッカ(08、09年)に続く史上3頭目の安田記念連覇に向けて順調に調整が進んでいる。「この中間は少し坂路(での調整量)を増やした。以前は坂路だと走りがバラバラになっていたけれど、だいぶ良くなってきて、今は坂路を使えるようになった」と田中剛調教師は、7歳にしてさらなる進化を感じている。

 今年初戦だった中山記念は3着だったが、のちに香港のG1を制したネオリアリズムと0秒2差なら、始動戦としては上々。「去年の春あたりから、馬は充実してきた。1週前追い切りもいい状態。去年の安田記念より、いい感じがしますね」とトレーナー。モーリスを完封した昨年以上の出来なら快挙達成も十分だ。

最終更新:5/30(火) 7:03
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ