ここから本文です

【清水】ルヴァン杯敗退確定も主力投入でF東京たたく…4日後リーグ戦での“再戦”に優位に立つ

5/30(火) 8:03配信

スポーツ報知

 J1清水エスパルスは31日、ルヴァン杯グループステージ最終節に臨む。敗退が決まっているが、小林伸二監督(56)は、F東京戦(アイスタ、同)に主力組を投入する考えを明かした。

 公式戦11戦勝ちなしの現状に、小林監督が今季初めてルヴァン杯に主力を投入する考えを示した。

 今週はル杯の4日後、6月4日にもリーグで同カードがあり、ホームでF東京2連戦。「一発目(ルヴァン)でガツンと行って雰囲気を作る。休ませる選手もいるけど、Aチームに近い布陣でいく」と指揮官は説明した。今季カップ戦は控え組で挑み、5戦全敗。グループステージ敗退が決まっている。消化試合に主力を起用するのは異例だが、現状打破のために“禁”を解く。

 控え陣もアピールチャンスに燃えている。11戦勝ちなしの間、計26失点しており、FW金子は「最近は守備意識が薄れている。自分が入ったら切り替えやプレスバックをもう一度徹底したい」。FW長谷川も「怖がらないでプレーすることが大事。1つ勝てればいいきっかけになる」とうなずいた。総力戦で停滞ムードを一掃する。(武藤 瑞基)

最終更新:5/30(火) 8:03
スポーツ報知