ここから本文です

美宇、準決まで中国上位4選手回避

5/30(火) 7:04配信

スポーツ報知

 【デュッセルドルフ(ドイツ)29日=林直史】卓球の世界選手権個人戦が開幕し、予選が行われた。28日には男女シングルスのシード上位16選手が組み合わせ抽選に臨み、女子で第8シードの平野美宇(17)=エリートアカデミー=は準決勝まで中国の上位シード4選手との対戦を回避。「(自身で引いたくじは)悩みましたけど勘が当たりました。悪くないし、いい方。自分にもチャンスがあると思う」と前向きに受け止めた。

 抽選後には男女のリオ五輪金メダリストの馬龍、丁寧(ともに中国)、元1位で41歳のサムソノフ(ベラルーシ)と並んで「大会の顔」として公式会見に出席。「オリンピックチャンピオンの方と並んで取材を受けるのは、今までになかったこと。成長を実感できてうれしい」と喜んだ。

最終更新:5/30(火) 7:04
スポーツ報知