ここから本文です

「とてつもなく大きい勝利」日本人初インディ500優勝の佐藤琢磨に聞く

5/30(火) 7:04配信

スポーツ報知

◆自動車 インディカー・シリーズ第6戦 第101回インディ500(28日、米インディアナポリス・モータースピードウエー)

 200周(1周約4キロ)の決勝が行われ、40歳の佐藤琢磨(ホンダ)が日本人ドライバーとして初優勝を飾った。日本勢の最高順位は2003年に高木虎之介がマークした5位。佐藤は同シリーズ今季初勝利で、13年4月に米カリフォルニア州ロングビーチで行われた大会での初優勝以来、通算2勝目。予選4番手で決勝は2列目から発進し、195周目にトップに立って後続の猛追を抑えた。

 ◆琢磨に聞く

 ―今の気持ちは。

 「信じられない。うれしいし、ちょっと現実じゃない気もする。チームメートと一緒にマシンをつくり上げて最高の結果になった」

 ―最後まで目の離せない熱戦だった。

 「クリーンで美しいレースができた。エリオ(カストロネベス)は常にフェアプレーをする紳士だ。彼にはいつも警戒が必要で、インディ500で勝利経験もある。最後の数周はすさまじい展開だったが、ああいう瞬間を待っていた」

 ―日本のファンにも朗報となった。

 「この勝利はとてつもなく大きい。日本でどういうふうに捉えられるのか想像がつかない。遠く日本から観戦にいらした方もいる。彼らに素晴らしい結果を見せることができたし、チーム全員で成し遂げた勝利を誇りに思う。東日本大震災で苦しい思いをしている方にも喜んでもらえるといい」

最終更新:5/30(火) 8:45
スポーツ報知