ここから本文です

優勝の白鵬関に県産米など贈る 畠副知事

5/29(月) 10:33配信

福島民報

 福島県は28日、東京都の両国国技館で行われた大相撲夏場所で優勝した横綱白鵬関に知事賞として赤べこトロフィーなどを贈った。
 畠利行副知事が土俵上で白鵬関をたたえ、重さ16キロのトロフィーを手渡した。賞金50万円と副賞の県産米「天のつぶ」1トン、福島牛10キロ、県産のアスパラガスとキュウリ、ブロッコリーの詰め合わせ74キロの目録も贈呈した。
 畠副知事は終了後、「全勝優勝へのお祝いの気持ちと、県産農産物に対する風評払拭(ふっしょく)の願いを込めて手渡した。県の情報をしっかり発信したい」と語った。
 知事賞は東京電力福島第一原発事故に伴う県産農産物への風評払拭と安全性PRを目的に、県とJA福島中央会が協力して設けている。平成25年の初場所から両国国技館で開催される初場所、夏場所、秋場所の年3回、優勝力士に贈っている。

福島民報社

最終更新:5/29(月) 10:47
福島民報