ここから本文です

再開に笑顔広がる 喜多方朝市「おはようマルシェ」

5/29(月) 11:38配信

福島民報

 福島県喜多方市の朝市「おはようマルシェ」が28日、市役所駐車場で再開した。10月まで毎月第四日曜日の午前7時から2時間、地元の特産品などが並ぶ。
 喜多方ラーメンを早朝に楽しむ「朝ラー」に訪れた観光客に長く市内に滞在してもらい、喜多方の魅力を知ってもらおうと会津喜多方商工会議所ときたかた商工会が昨年から始めた。2年目のスタートは27の各種事業所や団体が賛同し採れたての農産物、手作りの雑貨、丹精込めた草木などを軽トラックに並べにぎわった。
 再開を前に山口信也市長、唐橋幸市郎会津喜多方商工会議所会頭、田代衛きたかた商工会長、小林幹夫JA会津よつばいいで地区本部長がテープカットした。
 相馬商工会議所から草野清貴会頭ら7人が視察に訪れ「震災で休止を余儀なくされた(相馬での)朝市の再開に向けて参考にしたい」などと語り唐橋会頭らと意見を交えた。

福島民報社

最終更新:5/29(月) 12:16
福島民報