ここから本文です

「アップアップガールズ(プロレス)」オーディション開催 DDT高木社長の猛アタックに、佐保明梨のプロレスデビューも?

5/29(月) 20:55配信

デビュー

 アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」とプロレス団体・DDTプロレスリングの高木三四郎社長が29日、都内のDDT竹芝プロレス道場で新プロジェクトの発表記者会見を開き、真剣にプロレスラーとアイドルを目指す「アップアップガールズ(プロレス)」のオーディションを開催することを発表した。

【写真】記者会見の模様。「アップアップガールズ(プロレス)」オーディション応募要項へのリンク。

 アスリート系アイドルのアップアップガールズ(仮)は、DDTのリング上でライブを行なったり、工場プロレスでもコラボをしてきた間柄。アプガの新井愛瞳は「今度はどんな新しい企画があるのかな? 商店街プロレスでライブとかやるのかなとか、ドキドキしながら、楽しみにやってきました」と挨拶し、メンバーものん気に盛り上がる。

 そこへ“バン!”とテーブルを叩き「今日はそんな小さい話じゃないんですよ!」と声を荒げる高木社長。「アップアップガールズさんとDDTは、もう一個上のステップに上がるべきなんですよ!」と前置き「アップアップガールズとDDTプロレスリングで新たなプロジェクトを立ち上げます。その名は『アップアップガールズ(プロレス)』。その新メンバーオーディションを開催します」と宣言すると、メンバーは「えーー! えっ? えっ?」と、驚きと困惑が入り混じった声を上げる。

 『アップアップガールズ(プロレス)』は真剣にプロレスラーとアイドルを目指すプロジェクト。応募資格は2017年5月24日時点で中学生~23歳の女性だが「夢を諦められない人は参加資格が無くても応募は可」。プロレスラーとして日本武道館メインイベント、アイドルとして日本武道館単独公演を目指して活動するという。

 「どっちもやるってことですか?」というメンバーの問いに、高木は「8月27日、横浜で行なわれる『@JAM EXPO』にてアイドルステージデビュー!(これは勝手に予定)、2017年中にCDデビュー、2018年1月に予定のDDTのグループ団体『東京女子プロレス』の後楽園ホール大会でプロレスデビューします!」とキッパリ。新井の「スケジュールめちゃめちゃ決まってる! アプガより決まってるじゃないですか~」というクレームにも耳を貸さず「世界最強のアイドルを目指す女性はここに集まれ!!」と決めてみせた。

 合格メンバーは「4~5人」といいつつも、高木は「あまりにもいい人たちが集まってきたら、団体を旗揚げしちゃおうかな。20人ぐらいすごい!という人がいたら団体旗揚げしましょう」と盛り上がる。新井も「今まで“守ってあげたくなるアイドル”というのはいましたが、これからは“守られたいアイドル”?『あなたのことをお守りします』っていうアイドルもいいんじゃないかな? アプガの妹分とはなっていますけど、筋骨隆々の子たちが集まるので、妹分と言うよりSP。守ってもらいたいなって思います」と理解を示した。

 「アスリート性が高いアイドルで、プロレスの適性がある」とかねてよりアプガを高く評価している高木は、「現メンバーからもプロレスラーになってもらいたいと思うわけですよ!」と勧誘を始める。アップアップガールズ(2)を代表して参加した、長身の吉川茉優が身長170センチと聞き、色めき立つ高木。「私も夢をあきらめ切れないという応募資格にビビッときてアプガ(2)に入ったので、またそういう仲間が増えるのは嬉しいなって思いますし、妹分が増えるって言うことで、(2)もうかうかしていられないなって」と言う吉川に「うかうかしていられないから一緒に鍛えましょうよ。オーディション無しで即合格ですよ!」と高木。「合格という言葉に弱いので…」と気持ちがぐらつく吉川を、(仮)のお姉さん方は「まだ純粋なので!」と守りに入った。

 しかし、高木の本命は、空手の黒帯を持ち『破壊王』の異名を持つ佐保明梨。「佐保さんのフィジカルはすごい。バット2本折れますからね! そんな女子プロレスラーいませんよ。私たちと一緒にプロレスやりませんか?」と熱烈ラブコール。「私は空手一筋なので、プロレスはちょっと…(空手)だったらやるんですけど」とやんわり断ろうとする佐保だったが、「試合をしてもらうなら、空手家とプロレスの異種格闘技戦でもいいと思ってます。ブロック割りやバット折りの演武も、なんなら凶器として持ってきていただいてもいい。佐保さんがバットを持って入場するだけで絵になりますよ!」と押され「そこまで言っていただけるのなら…いいですね、楽しそう、気持ちが揺らぎ出しました。考えます」とグラリ。「行かないで~」というメンバーをよそに「リングネームは『佐保黒帯』にしたいと思います」とまんまと乗せられていた。

 「アイドル戦国時代とかつて言われてましたけど、これからはアイドル×プロレス戦国時代を盛り上げていけたら」という新井。東京女子プロレスに現役アイドルが参戦し、AKB48がプロレスドラマを演じる昨今。真剣にアイドルとプロレスで日本武道館を目指す「アップアップガールズ(プロレス)」が新たなトレンドを生み出すのか、注目したい。なおメンバーオーディションの応募要項は、オーディション情報サイト「デビュー」に掲載されている(下記リンク参照)。

最終更新:5/29(月) 20:55
デビュー