ここから本文です

【GOLF】谷原、H.ステンソンらと3位タイ 「62」のA.ノレンが大逆転勝利

5/29(月) 10:18配信

ISM

 欧州ツアーのBMW PGA選手権が現地時間28日、イングランドのウェントワースクラブ ウエスト・コースを舞台に最終ラウンドの競技を終了。アレクサンダー・ノレン(スウェーデン)が大逆転でツアー9勝目を飾った一方、谷原秀人は3位タイと健闘を見せた。

 前日5位タイに浮上した谷原は、4番でこの日最初のバーディを奪うと、前日の勢いそのままに6番から3連続バーディとする。後半も12番でさらにスコアを伸ばし、9アンダーとするも、15番で痛恨のボギー。その後はスコアを伸ばせず、4アンダー68でホールアウト。一時トップに肉薄とするも、惜しくも通算8アンダーの3位タイとなっている。

 優勝は21位タイからスタートしたノレン。1番から順調にスコアを伸ばし、後半も12番から3連続バーディ、上りホールではイーグルをマークするなど、ノーボギーの10アンダー62と猛チャージ。7打差を逆転し、今季初となるツアー通算9勝目を手にしている。

 2打差の通算9アンダー単独2位に、フランセスコ・モリナリ(伊)、通算8アンダー3位タイに谷原、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、ニコラス・コルサーツ(ベルギー)が続く。その他上位陣は、通算7アンダー6位タイにシェーン・ロウリー(アイルランド)ら3名、今季マスターズでランナーアップのジャスティン・ローズ(英)は通算5アンダー12位タイで終えている。

最終更新:5/29(月) 10:18
ISM