ここから本文です

センター大園桃子を筆頭とした美女メンバー、乃木坂46“三期生”をここに解剖!

5/29(月) 7:10配信

dmenu映画

5月9日から14日まで渋谷AiiA 2.5 Theater Tokyoで「三期生単独ライブ」を行った乃木坂46。そのチケット予約の応募総数は、全8公演で6,400人というキャパシティに対して、倍率40倍の約24万人。現在発売中の最新シングル「インフルエンサー」の握手会でも、一期生や二期生の人気に引けを取らないメンバーが早くも登場している。

【画像】モデルも務める白石麻衣

三期生のセンターを務めるのは、大園桃子

三期生は、13歳から21歳までの12人で構成されている。2016年9月4日にお披露目となり、今年2月の「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE」よりグループに合流。すでに舞台やグラビア、バラエティ番組などで初々しくもそれぞれの個性を振りまき、8月に結成6年を迎えるグループに新風を呼び込んでいる。

そんな中、前述のシングル「インフルエンサー」のカップリング曲として三期生のみの「三番目の風」。そのセンターを務めたのが、大園桃子だ。同曲では人懐っこさとハツラツとした雰囲気を見せ、未来の大器となることを予感をさせる。

女性ファッション誌に登場するなど、ルックスの良さにも注目

また、メンバーのルックスの良さに定評のある乃木坂46において、伊藤理々杏、梅澤美波、久保史緒里、山下美月、与田祐希のかわいさは、やはり目を引く。山下は実際、白石麻衣が専属モデルを務める女性ファッション誌『LARME』にいち早く登場。ふんわりと柔らかい、ガーリーな雰囲気をまとっている。伊藤は愛らしい小動物といった印象があり、久保は折に触れて憂いを含んだ表情を見せる。さらに、梅澤は大人っぽく長身で、将来的にモデルもこなせそうだ。与田は、下校中にイノシシに遭遇するといった田舎っぺエピソードとチャーミングなルックスとのギャップが憎めない。

冠番組で、意外なキャラクターも発見!?

一方、「乃木坂工事中」(テレビ東京)、「NOGIBINGO!8」(日本テレビ)といった乃木坂46の冠番組では、何事にも全力投球な向井葉月が、三期生きってのバラエティ・クイーンぶりを発揮。「乃木坂工事中」では「画伯」ぶりを発揮した阪口珠美、浴槽に浸かりながら冷凍みかんを食べるという佐藤楓、そして生駒里奈と「お囃子セッション」を披露した中村麗乃の姿も心に残った。

最後は、最年少の岩本蓮加と、最年長の吉田綾乃クリスティー。岩本は実年齢よりも大人っぽい雰囲気があり、ヒップホップ・ダンスや新体操の経験者。吉田はおっとりしたお姉さんキャラで、実は生粋の日本人。生まれた時にハワイで暮らす計画があり、日米どちらでも使える名前がつけられたという。

5月24日には3rdアルバム「生まれてから初めて見た夢」をリリースする乃木坂46。同作には既発の「裸足でSummer」「サヨナラの意味」などに加え、新曲の1曲として三期生のみの「思い出ファースト」も収録(初回生産限定盤のみ)。加えて、5月27日には3,000人の観客を無料招待する「乃木坂46 3rdアルバム発売記念“三期生単独公演”」が、日比谷野外音楽堂で行われる。三期生の活躍とともに、今後ますます乃木坂46から目が離せそうにない。

文/兒玉常利@アドバンスワークス

最終更新:5/29(月) 7:10
dmenu映画