ここから本文です

HOME 社会 【全文】女子ゴルフ宮里藍選手が会見、引退理由について「モチベーションの維持が難しくなった」

5/29(月) 14:24配信

ログミー

女子プロゴルファーの宮里藍選手が現役引退を表明。2017年5月29日に引退会見を開き、現在の心境や引退の背景について語りました。

モチベーションの維持が難しくなった

宮里藍氏(以下、宮里):着席のまま失礼いたします。すみません。みなさま、お忙しいなかこの場にお集まりいただき、本当にありがとうございます。この2日間、引退を表明してから、自分が思っているよりも、本当にたくさんの方から反響がありまして、私自身ちょっと……驚いているのが現状なんですけれども。

昨年の夏ごろに、今年いっぱいで現役の選手を引退する、という決意を決めました。まだ、今シーズンいっぱいというかたちですので、残りのシーズンがあるんですけれども、本日はこのようなかたちを取らせていただき、みなさまに挨拶したいなと思って、この場にいます。

できるかぎり、時間の許すかぎり、がんばって話していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

司会者:それではこれより、代表質問に移らせていただきますが、まずはじめに、運動記者クラブの幹事社・テレビ・新聞それぞれより、代表質問を頂きます。そのあと挙手にて、メディア各社さまよりご質問を頂きたいと思います。まずはテレビを代表しまして、フジテレビさんからお願いいたします。

記者1:はい。フジテレビのタケシタと申します。よろしくお願いします。まず、今シーズンの戦いはまだ残っておりますけれども、ほんとうに長い間、いろいろな夢や感動を、ありがとうございました。

宮里:ありがとうございます。

記者1:もうすでに報道されていましたけれども、今こうして公の場で引退を表明して、どんな気持ちでしょうか?

宮里:そうですね……まだシーズンが残っているので、正直、自分の気持ちとしてはまだまだこれからがんばりたいという気持ちなので、実のところはまだ、「これで終わり」という気持ちではないんですけれど。でも本当に、私のスポンサーさんをはじめ、ファンの方や友人とか、たくさんの方に声をかけていただけて、すごく今、胸がいっぱいです。

記者1:去年の夏ごろ決めたということでしたが、その、引退を決意した理由というのは、なんでしょうか?

宮里:モチベーションの維持が難しくなったというのが、いちばんの決め手なんですけれども。まあ、そのモチベーションの維持が難しくなったと感じたのが、4~5年前でして。

自分のなかでも、そこをどういうふうに消化していけばいいのか、手探りで進むしかなかったのですけれども。メンタルコーチにも相談して、「いろんな選手にそういう時期はあるから、もう少しがんばってみたらいいんじゃない?」っていうふうに、チームでもそれで話がまとまって。

自分の中でも、モチベーションをしっかりと戻せるようにちょっと努力してみよう、という感じで、ここ4年くらいがんばっていたんですけれども。やはり、そのへんが戻ってこないことには、自分とも向き合えないですし。

今までやれていた練習ができなかったり、トレーニングでも自分を追い込むことができなくなってしまっていたので。そこは自分としても、自分が望んでいるかたちではなかったというか。プロである以上、結果は残したいですし。まあ、自分が求めている、理想としている姿は、そこにはもうなかったので、こういうかたちになりました。

1/4ページ

最終更新:5/29(月) 14:24
ログミー