ここから本文です

西武対広島 30日から交流戦、同郷監督初対決 佐賀県、球場イベントで盛り上げ

5/29(月) 8:42配信

佐賀新聞

 プロ野球のセ、パ両リーグの交流戦が開幕する30日、埼玉西武ライオンズ対広島東洋カープ戦(埼玉県所沢市・メットライフドーム)で、佐賀県出身同士の西武・辻発彦監督と広島・緒方孝市監督が初めて対戦する。県はゲームスポンサーとなり、「佐賀さいこう!同郷監督対決!」と銘打って盛り上げる。

 当日は球場内のドーム前広場にブースを出展して県の観光・物産PRイベントを展開し、ステージでは県出身のお笑いタレント「どぶろっく」とシンガー・ソングライターの松谷さやかさんが出演する。

 試合前のセレモニーには、辻監督の出身地の小城市から江里口秀次市長、緒方監督の出身地の鳥栖市から橋本康志市長が参加して両監督に花束を贈呈。始球式は山口祥義知事が務める。ホームの西武が勝利すると、優秀選手に県からヒーロー賞を贈る。

 県出身監督にちなんだ県のゲームスポンサーは、4月26日の広島対巨人戦(広島市・マツダスタジアム)に続き2回目。西武対広島は6月1日までの3連戦で行われる。

最終更新:5/29(月) 8:46
佐賀新聞