ここから本文です

サポーターも柴崎岳の美技にメロメロ!? ダントツの得票率でアルコルコン戦のMVPに選出!

5/29(月) 2:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ついに移籍後初ゴール

スペイン2部のテネリフェは、すでに柴崎岳の色に染まったようにさえ見える。移籍当初こそ環境への適応などに苦労したが、今では柴崎を中心にチームが動いているといっても過言ではない。5月13日のウエスカ戦ではロサーノのゴールを演出して初アシストを記録すると、続くレバンテ戦ではスコアレスドローだったものの非常に高い評価を受けている。そして28日のアルコルコン戦では左足で移籍後初ゴールまで決めてみせた。チームにフィットし始めてからの勢いは凄まじいものだ。

ボヌッチが宿敵のエースとの食事会をセッティング

もちろんサポーターも柴崎を高く評価している。スペイン『El Dorsal』は「アルコルコン戦でのMVPは誰か」とアンケートを取っているが、現時点で柴崎はダントツのトップとなる48%の票を獲得している。2番目に多くの票を集めたのはGKダニ・エルナンデスで14%、タイロンが11%で3位となっており、柴崎には圧倒的な数の票が入っている。

柴崎はゴールの他に、先制点の場面でもテンポのいいパス交換から見事にゴールに絡んでいる。チームもグラウンダーのパスが増えており、柴崎に預けるところから攻撃がスタートするという場面も珍しくない。2部リーグではあるものの、柴崎のテクニックは抜きんでていると言えよう。

評判通りのテクニックでパスを繋ぐことに加え、柴崎は今回のアルコルコン戦で裏のスペースに走って自ら得点を狙えることも証明してみせた。テネリフェのサポーターも昨年のクラブワールドカップで柴崎がレアル・マドリード相手に2得点奪ったことを知っているはずで、組み立てだけでなくゴールを期待していたはずだ。今後はさらにチームメイトとの連携を深めてゴールに絡むプレイを見せてほしいところで、一時騒がれた不安は完全に消え去っている。

http://www.theworldmagazine.jp/