ここから本文です

千葉雄大はかわいいだけじゃない!? 年上女性を振り回す“小悪魔的魅力”とは

5/29(月) 7:10配信

dmenu映画

6月30日公開の映画『兄に愛されすぎて困ってます』でセレブな毒舌イケメンを演じる俳優、千葉雄大。主なファン層は10代、20代女子……と思いきや、実は年上女性たちからもかなり熱い眼差しが注がれているのだとか。

【画像】天使かよ…と言いたくなる千葉雄大

女子すら嫉妬してしまうキュートなルックスで人気の彼ですが、なぜこれほどまでに年上女性を魅了するのか4つの側面から探ります。

「天装戦隊ゴセイジャー」で主婦の心をわしづかみに

彼が真のイケメンを見極める主婦たちの目に留まったきっかけは、スーパー戦隊シリーズ第34作目となる「天装戦隊ゴセイジャー」でのゴセイレッド役です。

地球と全ての生命を守る「護星天使」であるゴセイレッドは正義感の強いリーダーでありながら、楽天的で素直な性格が特徴です。千葉の愛くるしいルックスと、明るくやわらかな雰囲気をもつ天使役。この強力な組み合わせが、世の年上女子の母性をくすぐったのでした。

中性的な役の圧倒的な可愛さに視聴者悶絶

彼のキュートな一面は中性的な役柄でも存分に生かされています。ドラマ「カエルの王女さま」では、ママさんコーラスグループに唯一男性として参加する高垣忍役を好演。女性的な感性をもち、コーラスグループのどのメンバーよりも女性らしい佇まいの忍役はハマり役となりました。

また、ドラマ「桜蘭高校ホスト部」には、通称「ハニー先輩」とよばれる埴之塚光邦役で出演しました。ウサギのぬいぐるみを手放さず、甘い物をこよなく愛するなんともラブリーな役でしたが、上目使い×アヒル口のぶりっこフェイスも含め、あざといのにとにかく可愛い……! この子犬のような眼差しには誰しも心を射抜かれてしまうはず。

年上女性を静かに誘惑する知的で大胆な一面

アイドル的な魅力を放って止まない千葉ですが、学生時代は県内屈指の進学校に通っていたのだとか。そんな知的な一面を彷彿とさせるのが、ドラマ「戦う!書店ガール」の三田孝彦役です。

やわらかなパーマヘアに細縁メガネをかけ、エプロンを身につけた文学青年風のビジュアルは彼にしっくりと馴染み、まさに理想の書店男子そのもの。こんな店員がいたら毎日でも店に通いたくなります。

一方で、物静かな佇まいとは裏腹に、思いを寄せる相手のおでこに自分のおでこをこつんと当てる「デコドン」をする場面も。この意外な大胆さにも、「千葉雄大=草食系」のイメージを抱いていた年上女性たちの乙女心は激しく揺さぶられたのでした。

1/2ページ

最終更新:5/29(月) 7:10
dmenu映画