ここから本文です

タイパフェリーターミナルの第1便は6月1日午前7時発香港行高速船=マカオの新しい海の玄関口

5/29(月) 13:25配信

マカオ新聞

 12年にも及ぶ工事を経て今年(2017年)6月1日にオープンを予定しているマカオの新しい海の玄関口「タイパフェリーターミナル」。同施設は24時間運用を予定しているが、マカオ当局が5月29日午前の記者会見で、オープン当日の開門時間と第1便に関する情報を発表した。

写真特集:タイパフェリーターミナル…マカオの新たな海の玄関口

 6月1日、タイパフェリーターミナルは午前6時に一般開放され、最初の出発便は午前7時発のコタイウォータージェットが運航する香港(香港マカオフェリーターミナル)行の高速船、最初の到着便は午前8時頃到着予定のコタイウォータージェットが運航する香港(同)発の高速船を予定しているとのこと。

 また、2007年から運用してきた仮施設の「タイパ臨時フェリーターミナル」については、最終到着便が6月1日午前0時30分頃到着予定のコタイウォータージェットが運航する香港(同)発の高速船、最終出発便が同午前1時頃午前7時発のコタイウォータージェットが運航する香港(同)行の高速船となる予定。

 新ターミナルオープン後も、しばらくの間は臨時ターミナル時代の航路及び時刻表を踏襲するという。

 タイパフェリーターミナルは2005年に着工。当初、マカオ半島にある外港フェリーターミナルの補助的施設と位置付けられていたが、2006年に重要港へと格上げされ、2009年に拡張プランが決定した。当初の運用開始予定は2013年中の予定だったが、大幅に工事が遅延。長きにわたって簡素な仮施設(タイパ臨時フェリーターミナル)での長期運用を余儀なくされていた。タイパ臨時フェリーターミナルは、新ターミナルの運用開始に伴い閉鎖され、跡地は新ターミナルの拡張部として利用される。

 なお、タイパフェリーターミナルのオープンに伴い、公共路線バス、タクシー、カジノホテルの無料送迎シャトルバス等の乗降場についても、これまでのタイパ臨時フェリーターミナル前から新ターミナル内へ移る。

最終更新:5/29(月) 13:25
マカオ新聞