ここから本文です

THE ALFEE「CDを出すのは現役としての証拠」2624本目公演で堂々の宣言

5/29(月) 10:45配信

MusicVoice

 THE ALFEEが27日・28日、NHKホールで、コンサートツアー『Best Hit Alfee 2017春フェスタ』を開催した。今年デビュー43年目を迎えた彼らは28日の公演で通算本数2624本を記録し、日本のバンドでは最多公演数を更新。NHKホール公演としては通算67本目を記録した。

 毎年恒例となったNHKホールでの公演、今年も2日間が開催され、合わせて7600人のファンが集まった。今回の“春ツアー”は、THE ALFEEだけでなく、The KanLeKeeZも登場。“GS”の懐かしさも相まって、まさにお祭り気分を楽しめる内容となった。

 この日は、THE ALFEEの最新曲「あなたに贈る愛の歌」や、ヒット曲、昨年デビューアルバムをリリースしたThe KanLeKeeZの楽曲も披露。デビュー43年というTHE ALFEEのコンサートの長い歴史の中にも今まで登場することがなかったペンライトがThe KanLeKeeZの楽曲では解禁となった。

 ファンが「好きさ(ハートマーク)好きさ」など、ペンライトを使ったダンスを踊って楽しむというTHE ALFEEのコンサートにはなかった光景は斬新。ピンクのペンライトに彩られた客席に向かって高見沢は「1970年、あの頃のGSにとても私たちは影響を受けました。俺は80になってもGSを愛し続けていきたいと思う」とGS愛を伝えた。

 また、5月24日にTHE ALFEE meets The KanLeKeeZ名義でリリースしたシングル「あなたに贈る愛の歌」からThe KanLeKeeZの新曲「エレキな恋人」を27日・28日両日とも披露。リリースしたばかりの新曲を聴けたファンは歓喜に包まれた。

 アンコール前のMCではリーダーである高見沢俊彦のソロプロジェクト「Takamiy」のライブを、9月2日・3日の2日間、パシフィコ横浜でおこなうことも発表。高見沢は「アルフィーとしても夏のイベントをおこないますが、タカミーもこの夏ソロライブやります! 去年の続きのような、真夏の夜の夢を皆さんと一緒に過ごしたいと思います。コンサートをやるといろんなことに気がついて、そうして曲ができていくんだよね」と語った。

 コンサートの最後には「アルフィーは何年経ってもライブを続けていく。それは、ライブが好きだから。それ以外の理由はない。CDを出すのは現役としての証拠、新しい曲を出すたびにやり尽くすではなく、どこまでもいきたい。その旅につきあってほしい」と宣言した。

 なお、THE ALFEEとしては7月29日・30日の横浜アリーナ夏イベントに加え、前記の通り、Takamiyのライブが9月2日・3日におこなわれる。

最終更新:5/29(月) 10:45
MusicVoice