ここから本文です

高炉メーカー、資産圧縮 財務健全性を維持 稼ぐ力の回復が課題

5/29(月) 11:22配信

日刊産業新聞

 新日鉄住金、JFEホールディングス、神戸製鋼所、日新製鋼の高炉メーカー4社は、大きく変動する原料コストの製品価格への転嫁遅れなどで収益が低迷しているが、保有株式などの資産売却でキャッシュフローを補い、実質的に1・0倍以下のDEレシオ(負債資本倍率)をキープするなど財務健全性を維持。国際競争力を維持・強化するための国内製造基盤整備、海外事業展開などの成長戦略投資を確実に推し進めている。

最終更新:5/29(月) 11:22
日刊産業新聞