ここから本文です

久慈7年ぶりの頂点逃す 春季高校野球岩手県大会

5/29(月) 10:42配信

デーリー東北新聞社

 第64回春季東北地区高校野球岩手県大会最終日は28日、二戸市大平球場で決勝と3位決定戦を行い、久慈は決勝で盛岡大付に2―13で敗れ、7年ぶりの頂点を逃した。盛岡大付の優勝は4年ぶりで、昨夏と昨秋に続いて3季連続。

 久慈は初回、盛岡大付に3点本塁打で先制点を献上。直後の二回、2死満塁で2番北村知輝が適時打を放ち1点差に詰め寄ったが、その後は打線がつながらず、得点を奪えなかった。逆に八回に8点を失うなど、相手打線に圧倒された。

 3位決定戦では、大船渡東が6―4で花巻東に逆転勝利を収め、東北大会への最後の切符を獲得した。

 上位3校は6月8~12日に宮城県で開催される東北大会に出場する。

デーリー東北新聞社

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 7:40