ここから本文です

杉田祐一とジョンソンの1回戦は第4セット途中で日没順延 [全仏テニス]

5/29(月) 5:07配信

THE TENNIS DAILY

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)の男子シングルス1回戦で、杉田祐一(三菱電機)が第25シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)と対戦。2セットを連取された杉田が第3セットをタイブレークで奪い、3-6 3-6 7-6(4) 4-2の時点で日没順延となった。ここまでの試合時間は2時間26分。

バルセロナを賑わした杉田祐一 [バルセロナ・オープン・バンコサバデル]

 全仏オープンに2年ぶり5度目の出場となる杉田は、ストレートインで本戦初出場。過去4度はいずれも予選1回戦敗退に終わっていた。前哨戦のバルセロナ(ATP500/クレーコート)ではラッキールーザーから勝ち上がり、8強入りを果たしていた。

 両者は昨年7月にニューポート(ATP250/グラスコート)の2回戦で初対戦しており、ジョンソンが6-4 6-1で勝っている。

 この試合に勝った選手は2回戦で、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)とワイルドカード(主催者推薦枠)のマティアス・ブールグ(フランス)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - MAY 28: Yuichi Sugita of Japan plays a forehand during the mens singles first round match against Steve Johnson of The United States on day one of the 2017 French Open at Roland Garros on May 28, 2017 in Paris, France. (Photo by Adam Pretty/Getty Images)

最終更新:5/29(月) 5:07
THE TENNIS DAILY