ここから本文です

南佳孝&杉山清貴が開く夏の扉、名曲連発のライブに観客喝采!

5/29(月) 19:39配信

TOKYO FM+

“ライブ音楽とビールが生み出すゆたかなひととき”をテーマに、あなたのすぐそばで素敵なアーティストたちが生ライブで生きた音楽を届けるTOKYO FMの番組「KIRIN BEER “Good Luck” LIVE」。5月27日(土)の放送には、南佳孝さんと杉山清貴さんが登場しました。

南さんと杉山さんが自己紹介すると客席からは大歓声が! 5月10日にコラボレーションアルバム「Nostalgia」を発表したおふたりですが、きっかけは昨年ライブでの共演で意気投合したことだとか。「ノリで『このままレコーディングしちゃおうか』みたいな、そんな感じでした」と杉山さんは語ります。

南さんが「夏の扉を開けるようなライブになれば」と意気込みを口にし、いよいよライブパーティーがスタートです! まずはアップテンポなビートルズの楽曲「Eight Days A Week」から。観客の手拍子とともに会場は徐々に温まっていきます。

ビートルズナンバーを中心に構成された前半部では、「Baby's in Black」、さらに「If I Fell」を披露するふたり。杉山さんはビートルズの楽曲の魅力を「何がすごいって、すぐハモれてしまう」と伝えました。

中盤には、それぞれがオリジナル曲を披露しました。初めは杉山さんから。杉山清貴&オメガトライブのシングル「君のハートはマリンブルー」の後には間髪入れず「さよならのオーシャン」を熱唱し、夏の気配を呼び込みます。

今度は南さんの番です。「モンロー・ウォーク」を聴きながら目を閉じれば、そこは南国の海、強い日差しの中を歩いてくる魅力的な女性の姿が浮かんでくるよう。続いての「スローなブギにしてくれ」で、南さんが「Want you 俺の肩を抱きしめてくれ」と歌い始めれば、会場はハードボイルドでスモーキーなバーに早変わり。

ライブもいよいよ佳境に突入。ポール・マッカートニー作曲の「A World Without Love」に続き、アルバムタイトルにもなっている作詞・杉山さん、作曲・南さんの「Nostalgia」で場を締めくくります。パーティの終わりを惜しむように、会場からは大きな拍手が起こりました。

◆Set List
1.Eight Days A Week
2.Baby's in Black
3.If I Fell
4.君のハートはマリンブルー
5.さよならのオーシャン
6.モンロー・ウォーク
7.スローなブギにしてくれ
8.World Without Love
9.Nostalgia


この日のライブの模様は『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。フロアの熱気をぜひ体感してみてください。

(TOKYO FM「KIRIN BEER “Good Luck” LIVE」2017年5月27日放送より)

最終更新:5/29(月) 20:57
TOKYO FM+