ここから本文です

ティエム 世界39位を圧倒し2回戦へ、スーパーショットで会場沸かす<男子テニス>

5/29(月) 8:00配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は28日、男子シングルス1回戦が行われ、第6シードのD・ティエム(オーストリア)が世界ランク39位のB・トミック(オーストラリア)を6-4, 6-0, 6-2のストレートで下し、2回戦進出を果たした。

【錦織vsコキナキス1ポイント速報】

両者2度目の対戦となったこの試合、ティエムはトミックに1度もブレークチャンスを与えることなく圧倒。

第3セットの第5ゲームでは、トミックの前後左右に揺さぶるボールに対して、股抜きショットなどで食らいつき、最後はフォアハンドでパッシングショットを決め、会場は大歓声に包まれた。

このプレーで観客は大いに盛り上がり、これにはトミックもティエムを称えて拍手を送った。

その後も主導権を握り、1時間20分で勝利を手にしたティエムは、続く2回戦でN・マウー(フランス)と予選勝者のS・ボレッリ(イタリア)のどちらかと対戦する。

世界ランク7位のティエムは、昨年の全仏オープンでA・ズベレフ(ドイツ)、D・ゴファン(ベルギー)らを破ってグランドスラム初のベスト4進出を果たした。準決勝では、N・ジョコビッチ(セルビア)にストレートで敗れている。

今シーズンは、2月のリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)でタイトルを獲得。4月のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)と5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)では決勝でR・ナダル(スペイン)に敗れるも準優勝を飾っている。

tennis365.net

最終更新:5/29(月) 8:00
tennis365.net