ここから本文です

合同津波避難訓練 高知・黒潮町

5/29(月) 20:17配信

テレビ高知

テレビ高知

南海トラフ地震に伴う大津波を想定し黒潮町入野地区の保育所と小・中・高校が合同で避難訓練を行いました。およそ600人が参加して万一に備えました。

訓練は午前9時45分に巨大地震が起きて大津波警報が発表されたという想定で行われました。参加した大方中央保育所、入野小学校、大方中学と高校の園児、児童、生徒は揺れが収まるまで身を守った後一斉に避難を始めました。中学生と高校生の一部は幼い園児を乗せた箱車を押したり、園児と手をつないだりと手助けしながら避難します。

今回は避難ルートの途中で塀などが倒壊したという想定で参加者たちはルートを変えるなどしながら海抜がおよそ40メートルの高台の公園を目指しました。

津波はおよそ15分で到達すると予想されていますが今回は、全員が避難するのに18分かかりました。これは訓練を始めるための町の防災無線の放送が聞こえなかったためだということで今後、原因を究明することにしています。

最終更新:5/29(月) 20:17
テレビ高知