ここから本文です

アロンソのインディ500初挑戦はリタイア「まだ勝つという目標は完了していない」と再挑戦示唆

5/29(月) 8:21配信

motorsport.com 日本版

 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ)はインディ500初挑戦にもかかわらず、27周にわたってリードラップを取るなど、終始先頭を争った。しかし、180周目にエンジントラブルに見舞われリタイア。インディ500初挑戦で初優勝という快挙を逃すこととなった。

【写真】インディ500に初優勝。”勝者のミルク”を飲む佐藤琢磨

 アロンソは、F1でチャンピオンに輝くことができるマシンに乗ることを最優先の課題だとするが、将来的には再びインディ500に戻り、勝利を目指すと宣言した。

 インディに戻ることがあるかと尋ねられたアロンソは、「もちろん、イエスだ」と答えた。

「もし僕がここに戻ってきたら、その時はどんなことがあるのか知っている。リスタートも、ピットストップも、そしてその他のことも、初めて経験するモノじゃなくなっている」

「適応するのはより簡単になるだろう。数年後に何が起きるか見てみよう。でも、僕はこの挑戦を続けていかなきゃいけない。インディ500に勝利するという目標は、まだ完了していないから」

 2週間にわたってインディの世界に触れたアロンソは、トラブルにより24位という成績に終わったにも関わらず、「素晴らしい経験だった」と語った。

「レースをフィニッシュできなかったことは、とても残念だ。出る全てのレースに完走したいと思っているし、チェッカーフラッグを受けたい。でも、今日は不可能だった」

「この2週間は素晴らしい経験だった。僕は自分自身を証明し、自分自身に挑戦するためにここに来た」

「F1マシンなら、他の誰とも同じくらい速く走れるのは分かっている。しかし、インディカーでは同じことができるかどうか分からなかった。インディカーのこのような”競争の感覚”は、とても良かったよ」

Edd Straw