ここから本文です

リヴァプール、ドイツの“最恐プレッシング軍団”から司令塔を強奪か

5/29(月) 16:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

約70億円の大型補強の実現か?

今季のプレミアリーグを4位で終え、来季のUEFAチャンピオンズリーグのプレイオフ出場権を手に入れたリヴァプール。今後の更なる躍進が期待される同クラブだが、来季以降の戦力強化にむけた動きが進んでいるようだ。

同クラブが現ライプツィヒ所属MFナビ・ケイタ(ギニア代表)の獲得を検討していると、英『Daily Mirror』が伝えている。同紙によると、かねてよりユルゲン・クロップ監督が同選手に熱視線を注いでいることや、同クラブが同選手の獲得にむけて5000万ポンド(約70億円)の移籍金を支払う準備を整えているという見方が報じられている。

非凡なパスセンスのみならず、試合全体を通じてピッチを上下動できるスタミナを併せ持つナビ・ケイタ。ブンデスリーガ昇格1年目のライプツィヒの躍進を支えた不動の司令塔への関心は日増しに強まっているが、ライプツィヒは同選手の流出を防ぐことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/