ここから本文です

デ・ヘアなど獲得するな! C・ロナウドの見せた“男気”でレアル会長が「ジレンマ」と現地誌

5/29(月) 17:02配信

theWORLD(ザ・ワールド)

現在のメンバーを尊重すべき?

ダビド・デ・ヘア獲得を望むレアル・マドリードだが、同クラブのエースであるクリスティアーノ・ロナウドの考えは完全に異なるようだ。現地メディアがそのように報じている。

ロナウドは、今季33度目のリーガエスパニョーラ制覇を成し遂げ、直近の4シーズンで3度目のチャンピオンズリーグ優勝に挑むチームのいかなるセクションにおいても変化を求めていない。スペイン誌『Don Balon』がそのように綴った。曰く、CR7は現在の守護神ケイロル・ナバスがチームの良質なパフォーマンスを保証する不可欠な戦力であると見なしており、今後もチームに残り続けることを熱望。デ・ヘアへ大金を注ぐよりも、コスタリカ代表GKを重宝することをクラブ側に求めているという。

当然ながら同誌は、この事態がデ・ヘアとのサインを希望するフロレンティーノ・ペレス会長にとっての「ジレンマ」だと綴り、チームきってのエースストライカーと軋轢を生み出してまでスペイン代表GKを獲得するかに迷いがあるという。

通常のクラブとは比較にならないスピードで戦力の入れ替えが敢行されるレアル・マドリードにおいて、ロナウドは現在のスカッドを信頼し、同僚の立場を守ろうとしているのだろうか。この報道が事実であれば、来季の白い巨人はエースの男気によってさらなる強固な一枚岩となり、素晴らしいチームプレイが見られることになるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ