ここから本文です

F1モナコGP:ベッテル「彼の前に出れたことは驚きだった」ライコネンを“オーバーカット“するためのチームオーダーは存在しないと否定

5/29(月) 16:33配信

motorsport.com 日本版

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ピットストップのタイミングを遅らせ、当初先頭を走っていたチームメイトのキミ・ライコネンをオーバーカットした。ベッテルは今回のレース戦略に対し、意図的にオーバーカットを行う予定はなかったと主張した。

写真:表彰台に立つベッテルとライコネン。ライコネンの表情は終始硬いままだった

 ベッテルはモナコGPでのチームオーダーについて次のように語った。

「チームオーダーの計画は元々なかった」

「レース前にも話し合い、それは明確だった。通常、リードしているドライバーが優先される。そして先にピットストップしたいと思うのは、通常の選択だった。ここではオーバーカットが有利だったが、それは稀な例だ」

「大雑把に言えば、もし予選で前のポジションを得たら、最初のピットストップでの優先権がある。今回は僕の方に選択権があり、そうなったんだ」

 ベッテルはライコネンが、2位という結果に対して失望しており、レースに満足できなかった気持ちは理解できると語った。

「嘘をつく必要はないだろうから、僕はとてもハッピーだと言おう」

「でも僕は、彼がこのような結果を残念がる気持ちを理解できる」

「僕の戦略は、バルテリ(ボッタス)よりも前に留まり、キミと近いところにいることだった。僕が彼の前に出れた時は本当に驚いた」

「今回はピットストップを遅らせることでうまくいった。でも、それをレース前に予測することはできなかった。僕たちはレースをして、僕たちは順調に進んでいる。でもキミが満足できない理由を理解できる」

「彼は最初のスティントで速かったけど、ピットストップのオーダーを受けて、ピットストップして、またプッシュしていた」

「ボッタスのラップタイムを聞いた時、僕はもっとアドバンテージを稼がなくてはいけないと感じた。そこから良いペースを発揮できたことは本当に驚いたよ」