ここから本文です

イタリアやスペインを断ったサバレタ 移籍の決め手は?

5/29(月) 22:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ウェストハムと2年契約

ウェストハムは26日にクラブ公式サイトにて、パブロ・サバレタと2年契約で合意したことを発表した。

サバレタは9シーズン過ごしたマンチェスター・シティに別れを告げ、ロンドンの名門ウェストハムに加入することを決めた。しかし同選手の下にはイングランドのみならず、他リーグのクラブからもオファーが届いていたという。サバレタはクラブ公式サイトに、ウェストハムを選んだ理由を語った。

「僕は長い間プレイし、たくさんの経験をしてきた。この経験が若い選手の成長を助けられると思ったんだ。ぼくの持てるすべてをクラブに捧げたいと思うし、ステップアップするために手助けできたらと思う。イタリアやスペインのクラブからオファーが届いたのは事実だ。もちろんこの決定は、家族の考えも考慮している。僕はプレミアリーグを本当に愛しているし、ウェストハムは常に第一候補だった。ここは本当に素晴らしいクラブだし、とてもリスペクトしているよ」

サバレタはシティの変革期から在籍しており、クラブの成長を間近で見てきた選手であり、プレミアリーグも優勝している。この経験はさらなる発展を遂げるウェストハムには、とても重要なものとなるだろう。果たしてサバレタは、どのようなエッセンスをクラブに加えることができるだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp