ここから本文です

北朝鮮ミサイル発射 日本のEEZ内に着水か

5/29(月) 9:43配信

ホウドウキョク

政府は、北朝鮮が29日朝、弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域(EEZ)内に着水したとみられると発表した。安倍首相は「断じて許すことができない」と強く非難した。
安倍首相は「北朝鮮が、国際社会の度重なる警告を無視して挑発を続けていることは、断じて許すことはできません。北朝鮮に対して、厳重に抗議しました」と述べた。
さらに安倍首相は、北朝鮮を抑止するため、アメリカと共に具体的な行動をとる、また、韓国をはじめとする国際社会と連携しながら、国民の安全を確保していくため、万全を期すと述べた。
これに先立って、菅官房長官は緊急の記者会見を行い、北朝鮮が午前5時40分ごろ、北朝鮮東岸から弾道ミサイルを発射して、日本海の排他的経済水域内に着水したとみられると発表した。
政府は、極めて問題のある行為で、安保理決議への明白な違反で、北朝鮮の度重なる挑発行為を断じて許すことはできないとして、北朝鮮に抗議した。
政府高官によると、弾道ミサイルは「排他的経済水域のギリギリのところ」に落下したという。
また、「今回の高度は低かった」としている。
弾道ミサイルが排他的経済水域内に落下したのは、2017年3月以来4回目。

最終更新:5/29(月) 9:43
ホウドウキョク