ここから本文です

稲田防衛相「スカッドの可能性ある」

5/29(月) 17:28配信

ホウドウキョク

稲田防衛相は、今回のミサイルについて「スカッドの可能性がある」と指摘した。
稲田防衛相は「飛翔(ひしょう)距離などから、スカッド系列である可能性がある。高度については詳細は分析中だが、現時点までに得られた情報を総合的に勘案すると、100km程度だったと認識している」と述べた。
稲田防衛相は29日午前、北朝鮮が弾道ミサイルを午前5時40分ごろ、北朝鮮の元山(ウォンサン)付近から発射したことについて、短中距離弾道ミサイルのスカッドの可能性を指摘し、高度はおよそ100kmで、「特異な軌道ではない」との分析を明らかにした。
また稲田氏は、今回の発射について、「性能の技術的検証、何らかの訓練、国際社会からの圧力への反発などが考えられる」と述べた。

最終更新:5/29(月) 17:28
ホウドウキョク