ここから本文です

若狭 勝議員が自民党に進退伺

5/29(月) 17:42配信

ホウドウキョク

自民党の若狭 勝衆議院議員は、7月の都議会議員選挙で、自民党に造反する形で小池知事が事実上率いる都民ファーストの会を応援するため、進退伺を提出した。
若狭議員は、「小池知事が誕生すれば、都民のために光が当てられた都政が始まる」、「そうしたわたしの信念は、1年近くたった今でも、心の中に熱く燃えている」などと述べた。
若狭議員は29日、自民党本部に進退伺を提出したうえで、記者会見を開き、都議会議員選挙で都民ファーストの会を支援することは、「わたしの信念に基づき、自然な流れだ」と説明した。
また、学校法人「加計学園」の問題について、「今の政府の対応は逃げている」などと批判した。
自民党は、除名処分も検討しているが、若狭氏は、「想定の範囲内だ」と述べた。

最終更新:5/29(月) 17:42
ホウドウキョク