ここから本文です

7選手が退団の琉球、岸本隆一や津山尚大ら4名と契約基本合意

5/29(月) 13:13配信

バスケットボールキング

 琉球ゴールデンキングスは5月29日、岸本隆一、津山尚大、田代直希、渡辺竜之佑との選手契約が基本合意に達したと発表した。


 沖縄県名護市出身の岸本は大東文化大学4年次の2013年1月に琉球へ加入すると、翌年にはbjリーグ優勝に貢献してプレーオフMVPを受賞。今季のレギュラーシーズンは先発53試合を含む全60試合に出場し、646得点(1試合平均10.8得点)133アシスト(同2.2アシスト)をマークした。沖縄県中頭郡北谷町出身で21歳の津山は、福岡大学附属大濠高校3年次の2015年1月に琉球へ入団。今季は58試合の出場で328得点(1試合平均5.7得点)を挙げた。

 田代は専修大学卒業後の2016年6月にクラブへ入団し、プロ初シーズンの今季は先発13試合を含む50試合で289得点(1試合平均5.8得点)を記録。渡辺は専修大学4年次の2016年8月に特別指定選手としてクラブに加入すると、12月に正式契約を結び40試合で107得点(1試合平均2.7得点)を挙げた。

 なお、琉球は29日時点で、アンソニー・マクヘンリー、山内盛久、ラモント・ハミルトン、レイショーン・テリー、大宮宏正、新城真司、波多野和也の計7選手をBリーグ自由交渉選手リストに掲出している。

BASKETBALL KING