ここから本文です

窪田正孝、7月新ドラマで主人公・高校生役に

5/29(月) 5:00配信

Lmaga.jp

主演映画『東京喰種トーキョーグール』を控える俳優・窪田正孝が、7月期スタートの新連続ドラマ『僕たちがやりました』で主人公・増渕トビオ役に決定。共演には、永野芽郁、新田真剣佑、間宮祥太朗、葉山奨之、川栄李奈ら旬のキャストがずらりと揃う。

【写真】ウルウルした瞳が印象的な永野芽郁の撮影ショット

窪田が演じるのは、何事も「そこそこ」でいいと思っている現代っ子、凡下(ぼけ)高校2年のトビオ。28歳にして、制服姿の高校生役に挑戦する。ちょっとしたイタズラ心で仕掛けた不良たちへの復讐がとんでもない事件に発展、現実逃避を繰り返していくなかで自分が生きる道を模索していく物語だ。

窪田は「立場的には主役というポジションですけども、今だからこそ、制服を着て年下の方々と高校生という役をさせてもらえるんだなと思いました。(永野)芽郁ちゃんは、彼女が中学2年の時に共演したんですが、そのときよりも心を開いてくれていますし、経験を積んで、会話の幅も広くなっているのを感じています。(新田)真剣佑さんは、ストイックで近年まれにみる美男、ずっと見ていても飽きないです」とコメント。

そして、「大人の方にはご自身の青春時代を思い出しながら見ていただいて、現役高校生の方にとっては『あなたの時代の青春ドラマって何?』って話になったときに『僕たちがやりました』という名前が出てくるような作品になれば一番幸せです。そうやって先に繋がっていく作品として、記憶に残ってほしいなと思いながら、全力でやります!」と力強いメッセージを残した。また、共演陣には、水川あさみ、三浦翔平、古田新太、板尾創路らも名を連ねる。ドラマは7月から放送予定(火曜夜9時、カンテレ・フジテレビ系)。

最終更新:5/29(月) 11:22
Lmaga.jp