ここから本文です

ロバート・ゼメキス監督、米空軍の極秘UFO調査を描く新シリーズをプロデュース

5/29(月) 16:35配信

クランクイン!

 マイケル・J・フォックス主演の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズやトム・ハンクス主演『フォレスト・ガンプ/一期一会』(95)などの大ヒットを生んだロバート・ゼメキス監督が、米ヒストリーチャンネルの新ドラマシリーズ『Blue Book(原題)』の製作に乗り出すという。

【関連】ロバート・ゼメキス監督作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』フォトギャラリー


 Comingsoon.netによると、ドラマのベースになるのは1950年代から1960年代にかけて米空軍が極秘で行っていたというUFOに関する研究や調査。「プロジェクト・ブルーブック」として知られ、その調査報告書が2015年にオンラインで公開されたことが話題になった。

 『Blue Book(原題)』は10話構成となり、UFO研究の第一人者として知られ、スティーヴン・スピルバーグ監督の大ヒットSF映画『未知との遭遇』(78)でコンサルタントを務めたことでも知られるJ・アレン・ハイネック博士を中心に描くとのことだ。ハイネック博士は空軍の依頼を受け、何千件もの調査を導いたという人物だ。各エピソードは当時の歴史的背景を織り交ぜながら、実際に行われたケースファイルに基づくストーリーになるという。

 ゼメキス監督が製作総指揮を務めるが、メガホンを取るかは不明。ハイネック博士役を含めるキャストや放送時期などの詳細についても明らかになっていない。

最終更新:5/29(月) 16:35
クランクイン!