ここから本文です

藤原さくら、ライブツアーがスタート 最新曲などを披露

5/29(月) 12:05配信

Billboard Japan

 セカンドフルアルバム『PLAY』をひっさげ、全国10か所11公演となるワンマンライブツアー【藤原さくら ワンマンツアー 2017 「PLAY」】が5月27日に埼玉県・戸田市文化会館よりスタートした。

 藤原さくらのバックを支えるミュージシャンは、アルバムでもプロデューサー、またはミュージシャンとしても参加、現在は活動休止中のバンドプロジェクトOvallからドラムのmabanua、ギターの関口シンゴ、ベースのShingo Suzuki、そしてキーボードには村岡夏彦という鉄壁の布陣。

 3月29日に両A面シングルとしてリリースしたポップチューン「Someday」と、映画『3月のライオン』後編主題歌でスピッツの名曲をカバーした「春の歌」をはじめ、最新アルバム『PLAY』に収録されたナンバーなどを含め盛り沢山な内容で初日公演を締めくくった。ツアーは7月22日に東京都・中野サンプラザで行われるファイナル公演まで続く。



◎ツアー情報
【藤原さくら ワンマンツアー 2017 「PLAY」】
06月10日(土)広島・上野学園ホール
06月16日(金)新潟・新潟市音楽文化会館
06月18日(日)宮城・仙台市民会館大ホール
06月25日(日)福岡・福岡市民会館
06月29日(木)北海道・道新ホール
07月01日(土)愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
07月09日(日)大阪・オリックス劇場
07月17日(月祝)香川・サンポートホール高松
07月21日(金)東京・中野サンプラザ
07月22日(土)東京・中野サンプラザ

最終更新:5/29(月) 12:05
Billboard Japan