ここから本文です

ホンダ「シーズン初ポイントが見えていたが、不運な事故でチャンスを逃した」/F1モナコ日曜

5/29(月) 5:52配信

オートスポーツweb

 2017年F1モナコGP決勝で、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトン、ストフェル・バンドーンともにリタイアを喫した。

2017年F1第6戦モナコGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)にとっては、最後尾を走り続けるフラストレーションの溜まるレースとなった

 バンドーンは10位を長く走り、チームにとって今季初入賞を果たすかと思われたが、レース終盤のセーフティカー・ピリオド明けに、タイヤとブレーキが冷えた影響で、サン・デボーテでタイヤウォールにクラッシュ、66周目にレースを終えた。

 フェルナンド・アロンソの代役として1戦のみの復帰を果たしたバトンは、パワーユニットのエレメント交換で最後尾グリッドに降格された後、セットアップ変更によりピットスタートでレースに臨んだ。チームは、バトンをクリーンエアで走らせるために1周目にタイヤ交換を行うという戦略を採ったが、同じ戦略を選んだザウバーのパスカル・ウェーレインの後ろに引っ掛かり、ポジションを上げていくことができなくなった。2度目のタイヤ交換の後にもウェーレインの後ろを走ることになったバトンは、ポルティエでインに飛び込んだところ、両者は接触。ウェーレインはウォールにクラッシュ、バトンはマシンの左フロント部にダメージを負い、57周目、エスケープロードでストップした。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ホンダF1プロジェクト総責任者 長谷川祐介
 今日のレースは残念な結果に終わりました。シーズン初ポイントを獲得するチャンスがあったにもかかわらず、それを実現できなかったのです。

 ストフェルは12番グリッドからスタートしなければなりませんでしたが、今週末、彼の競争力が高いことは分かっていました。実際、彼自身の見事なパフォーマンスとチームの素晴らしい戦略によって、ピットストップの後には10位に順位を上げました。今日の彼のパフォーマンスは非常に心強いものでした。だからこそ、あのような不運なアクシデントでレースを終えなければならず、ポイントをつかめなかったことは、非常に残念なことです。

 ジェンソンのレースにもチャンスはありましたが、モナコはオーバーテイクが難しいことが有名なコースであり、彼は思うようにプッシュすることができませんでした。彼のアクシデントは残念でした。それでも彼は今週末、快活な人柄でチームを盛り上げてくれました。チームメンバー全員が、彼と一緒にレースをすることを楽しんだことと思います。

 次はモントリオールですが、その前にテレビにかじりついて、フェルナンドのインディ500挑戦を見守りたいと思います。

[オートスポーツweb ]