ここから本文です

ハースF1「決して諦めなかったことで成し遂げた、初のダブル入賞」: F1モナコ日曜

5/29(月) 12:55配信

オートスポーツweb

 2017年F1モナコGP決勝で、ハースF1のロマン・グロージャンは8位、ケビン・マグヌッセンは10位だった。

モナコGPから新しいカラーリングになったハースF1

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=8位
 初めて2台ともトップ10でフィニッシュすることができた。それがモナコだから、なおさらうれしい。タフなレースだった。僕らには上位勢についていけるだけのペースはなかった。残念ながら僕らより前では何もアクシデントは起きず、全部僕の後方で起きていた。リタイアが出ても、いつも僕の後ろのマシンだったんだ。

 ルイス(・ハミルトン)はしばらくフリーエアーで走ったことで、その後、ピットストップで僕らの前に出た。

 それでもポイント圏内に2台ともが入れたのは素晴らしいことだ。トラブルに巻き込まれることなく、全力で速く走った。まだまだこれから分析して理解すべき問題はあるけれど、チームとして成長しているのは間違いない。

ケビン・マグヌッセン 決勝=10位
 僕自身にとってはすごく残念なレースだった。タイヤがパンクしたんだ。それでも2台揃ってポイント圏内でフィニッシュできたのは、チームが本当にいい仕事をしてくれたおかげだ。彼らはこの結果に値するよ。こういった成果を出すことができて僕も満足している。

 僕は1ポイントしか取れなかった。本当ならもっと多くのポイントを取れたはずだ。僕の人生で最もアンラッキーなシーズンを送っているような気すらするが、少なくとも今日は2台揃ってポイントを獲得できたし、この結果を達成したチームを誇りに思う。

 ここはモナコだから、多くのことが起こり得る。諦める理由なんてないし、プッシュし続けるべきだ。今日はそう思って走った。ひたすらプッシュし続けた。  

[オートスポーツweb ]