ここから本文です

ベッテル「ピット戦略でなく、速さで勝利を手に入れた」フェラーリ F1モナコ日曜

5/29(月) 13:14配信

オートスポーツweb

 2017年F1モナコGP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは優勝を獲得した。

2017年F1第6戦モナコGP 2位に終わり、表彰台でもひとり表情が硬かったキミ・ライコネン(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=1位
(Formula1.comのインタビューにおいて、フェラーリでモナコを制した気分を聞かれて)最高の気分だ。夜の間、スタートでどうやったら(ポールポジションの)キミ(・ライコネン)を抜くことができるだろう、と考えていた。実際には(スタートでは)前に出ることができず、がっかりした。でもファーストスティントでは我慢し続けなければならないと分かっていた。リヤタイヤのデグラデーションがひどくなってくるし、バルテリ(・ボッタス)が後ろから近づいてくるし、ファーストスティントはかなりきつかった。でも、ピットが重要なカギになると分かっていた。

 バルテリがピットに入り、キミがそれに反応しなければならないのがはっきりしたので、僕はステイアウトした。最初から、前を走っているマシンが先にピットに入る予定だった。だから僕はステイアウトして、全力で数周を走った。あの時の2、3周は、土曜の予選ラップより出来がよかったと思うよ! そうやってぎりぎりの走りをして、その結果、(ピットからコースに復帰した時に)トップに立てたので、報われた。その後はレースを多少楽にコントロールできた。

(ピット戦略によって勝てたのだと思うかと聞かれ)ピットで勝ったんじゃない。そうは思っていない。使い古したタイヤから、最大限の性能を絞り出した。あの時、バルテリと戦っていた。タイヤが持つ以上は、ステイアウトしても悪いことはない。キミはトラフィックに引っ掛かったり、タイヤのウォームアップに苦労したのだろう。ピットアウトしたら自分がトップだったからびっくりした。
   
 キミが不満に思っていると聞いた。理解できるよ。逆の立場なら、僕もそう思うだろう。でも、最初から、前を走っている方が先にピットに入るという計画で、それが実行されただけのことだ。後に入った方が有利になるなんて、予想できなかった。

[オートスポーツweb ]