ここから本文です

アユの稚魚、園児が放流

5/29(月) 14:41配信

北國新聞社

 金沢市の犀川保育園と末保育園の園児計54人は29日、同市山川(やまご)町の内川で、稚アユ約3千匹を放流し、成長を願った。

 園児は「大きくなってね」と声を掛けながら、バケツに入った体長7~8センチのアユをゆっくりと川に放った。

 放流は市企業局が1985(昭和60)年、市営発電所の合計出力が約3万キロワットを超えたことを記念して始まり、金沢漁協の協力を得て毎年実施している。29日は、犀川の9カ所でも漁協組合員が稚アユ約2万7千匹を放流した。

北國新聞社

最終更新:5/29(月) 14:41
北國新聞社