ここから本文です

“ほぼFW”の長友に得点の惜しいシーンも…インテルが5発快勝で連勝締め

5/29(月) 5:53配信

SOCCER KING

 セリエA最終節が28日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとウディネーゼが対戦した。長友は7試合ぶりのベンチスタートとなった。

【動画】テネリフェ柴崎岳がスペイン移籍後初ゴール! 25歳のバースデー弾

 前節、9試合ぶりの勝利で連敗を4で止めたインテル。今節はホームでの今シーズン最終戦で連勝を狙う。すると開始5分、幸先よく先制に成功する。左サイドのダヴィデ・サントンがグラウンダーのクロスを送ると、ゴール前中央のエデルが左足で押し込んで先制点を奪った。

 さらに18分、エリア内右のエデルからの鋭いグラウンダーのクロスを、ファーに走り込んだイヴァン・ペリシッチが合わせて2点目。36分にはエリア内左でパスを受けたマルセロ・ブロゾヴィッチが左足シュートをゴール右隅に決めて追加点を挙げた。

 3点リードで折り返したインテルは、ガリー・メデルに代えて長友を投入し、後半を迎えた。長友は左サイドの高い位置をキープし、相手エリア内まで上がるなど積極的な攻撃参加を見せる。

 後半も攻勢に出るインテルは54分、ペリシッチがドリブルでエリア内に切り込んで中央へクロスを送ると、フリーのエデルが左足シュートを決めて4点差に広げる。67分には長友がFWのような動き出しでパスを呼び込み、エリア内左へ抜け出して折り返しを入れるが、戻った相手DFにブロックされた。

 76分、ウディネーゼに1点を返される。右サイドからのクロスを中央の長友がクリアするが、こぼれ球に反応したアンドリヤ・バリッチにエリア手前中央からダイレクシュートをゴール右隅に決められた。

 だが直後の78分、インテルが再び4点差に戻す。右サイドからのクロスをファーのジョフレイ・コンドグビアがダイレクトボレーで合わせると、シュートにゴール前の長友が合わせたかに思われたが、相手DFガブリエレ・アンジェッラに当たってオウンゴールとなった。

 ウディネーゼは後半アディショナルタイム2分、左CKでニアサイドのフェリペが頭で後方にすらすと、ファーに飛び込んだドゥバン・サパタが右足で合わせて再び1点を返した。

 試合は直後にタイムアップを迎え、インテルが5-2で快勝。ホームでの最終戦を白星で飾り、2連勝でシーズンを終えた。なお、長友は後半開始からの出場で、FWのようなゴールへの意欲を見せつつ、攻守にわたって勝利に貢献した。

【スコア】
インテル 5-2 ウディネーゼ

【得点者】
1-0 5分 エデル(インテル)
2-0 18分 イヴァン・ペリシッチ(インテル)
3-0 36分 マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル)
4-0 54分 エデル(インテル)
4-1 76分 アンドリヤ・バリッチ(ウディネーゼ)
5-1 78分 オウンゴール(ガブリエレ・アンジェッラ)(インテル)
5-2 90+2分 ドゥバン・サパタ(ウディネーゼ)

SOCCER KING

最終更新:5/29(月) 6:14
SOCCER KING