ここから本文です

トヨタ、ニュル24時間2位でチェッカー「ライバルのスバルに感謝と敬意」

5/29(月) 11:14配信

オートックワン

2017年5月25日(木)から28日(日)にかけてドイツ、ニュルブルクリンクで『第45回ニュルブルクリンク24時間耐久レース』が開催された。

このニュースのフォトギャラリー

SP3Tクラス(*2)では、LMS EngineeringのAudi TTRS2が優勝、2位にTOYOTA GAZOO RacingのLEXUS RC(170号車:井口卓人/松井孝允/蒲生尚弥/矢吹久*1)が入り、3位はMSC Sinzig e.V. im ADACのAudi TTという結果となった。

なお、2位のトヨタ170号車は総合26位だった。

◆トヨタ レースレポート

25日(木)の予選1回目、26日(金)の予選2回目を終え、LEXUS RCは9分02秒157を記録し、SP3Tクラス2位、総合52位で決勝を迎えた。

157台が参戦した決勝レースは、27日(土)現地時間15時30分にスタートし、LEXUS RCは井口選手がステアリングを握った。その後、ドライバーは松井選手、蒲生選手、矢吹選手とたすきをつなぎ、順調に周回を重ねていく。

約6時間経過した頃、他車との接触でボディにダメージを受けたが、手際の良いピット作業によりコース復帰。その後、完全に日が落ち、ナイトセクションに入ったが、大きなトラブルもなく走行を続け、スバル、アウディとSP3Tクラス上位争いを演じた。

クルマが順調に走行する中、社員メカニックとエンジニアは自分たちの役割を確実に果たし、約14時間経過して28日(日)の日の出を迎えた。

最終スティントは松井選手がドライブし、28日(日)15時30分にチェッカーフラッグは振られ、LEXUSRCはSP3Tクラス2位、総合26位でフィニッシュ。昨年無念のリタイアとなった雪辱を果たした。

また、TOYOTA GAZOO Racing THAILAND(TOYOTA MOTOR THAILAND)から参戦したCOROLLA ALTISは、TOYOTA GAZOO Racingドライバーの木下隆之選手がドライバーを務めた124号車がSP3クラス9位(総合116位)、123号車が同クラス8位(総合115位)でフィニッシュした。

2007年に開始したこの活動も今年で11年目を迎え、これまで活動に参加してきた社員メカニックおよびエンジニア、車両評価ドライバーは、レース活動での知見を生かし、さまざまな車両開発の現場で活躍している。

過去には、LEXUS LFAやTOYOTA 86、TOYOTA C-HRが参戦し、その後の市販車としての性能向上、商品性向上に生かしてきた。ニュルブルクリンク24時間耐久レースへの挑戦は「人を鍛え、クルマを鍛える」ことが目的であり、TOYOTA GAZOO Racingの活動の原点である。

1/2ページ

最終更新:5/29(月) 11:14
オートックワン