ここから本文です

ジャガー 特別仕様車の第3弾、XF 錦織圭エディションを限定50台で受注開始

5/29(月) 15:34配信

オートックワン

ジャガーのアンバサダー錦織圭選手とのコラボレーションによる特別仕様車

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ダイナミック・ラグジュアリー・サルーン「XF」の特別仕様車として、XF KEI NISHIKORI EDITION(錦織圭エディション)を、50台限定で2017年5月27日(土)より受注を開始した。

このニュースのフォトギャラリー

プロテニスプレイヤーの錦織圭選手は、2014年9月よりジャガーのブランド・アンバサダーに就任しており、これまで錦織選手の名前を冠したF-TYPE KEI NISHIKORI EDITION、XE KEI NISHIKORI EDITIONの2台の特別仕様車を発売している。

今回発売したXF KEI NISHIKORI EDITIONは、錦織選手と2017年7月3日(月)(現地時間)より開幕するウィンブルドン選手権2017のオフィシャルカー・パートナーを務めるジャガーとのコラボレーションによる特別仕様車の第3弾となる。

ブリティッシュレーシンググリーン・プレドミネンタリーホワイトを計50台限定で販売

XF KEI NISHIKORI EDITIONは、ドイツ最高峰の自動車賞であるゴールデン・ステアリング・ホイール賞のミディアム・フルサイズ部門においてベスト・サルーン賞を受賞したXFのガソリン・エンジン搭載モデルであるXF PRESTIGE(2017年モデル)をベース車両としており、ウィンブルドン選手権の象徴である天然芝にも通じるブリティッシュレーシンググリーンと、白のウェア着用が義務づけられる「プレドミネンタリーホワイト」を想起させるグレイシャーホワイトの2種類のエクステリアカラーに、フロントグリルやサイドパワーベント等のエクステリア各部のディテールを精悍な黒で統一し、足元にはグロスブラックの18インチ アロイホイールを装着しているのが特徴。

さらに、洗練されたインテリアに加えて、快適性や安全性を高める特別装備も搭載。XFの魅力をさらに際立たせた、プレミアム感を持った特別仕様車に仕上げている。

「XF KEI NISHIKORI EDITION(錦織圭エディション)」 概要

■受注開始日 2017年5月27日(土)

■ベースモデル 「XF PRESTIGE」(ガソリン・エンジン搭載モデル)

■台数 限定50台 (ブリティッシュレーシンググリーン20台、グレイシャーホワイト30台)

■メーカー小売価格 697万円 (消費税込) 保険料、消費税を除く税金、登録に伴う費用、付属品、リサイクル料金は含まず

■主な装備 - メタリックペイントを施したブリティッシュレーシンググリーンもしくはグレイシャーホワイトのエクステリアカラー

インテリアにはライトオイスター・トーラス・レザーシートを採用

ブラックパック(グロスブラック仕上げのラジエーターグリル、グリルサラウンド、サイドパワーベント、テールゲートフィニッシャー、ボディキットブレード、サイドウィンドウ・サラウンド)

ブラインドスポットモニター(クロージングビークルモニター、リバーストラフィックディテクション付)

18 インチ Helix 10スポーク グロスブラック・フィニッシュ・アロイホイール - フロントシート・ヒーター&クーラーおよびリアシートヒーター

アドバンスド・パーキングアシストパック ・360度パークディスタンスコントロール(駐車時や駐車スペースからの発進時に、障害物や他の車両の接近を感知した際、ドライバーに注意を促す)

・パークアシスト(ドライバーはブレーキとアクセルペダルを操作するだけで縦列駐車、並列駐車および出庫を自動で行う)

・サラウンドカメラシステム(ボディ各部に搭載したカメラにより、車両の周囲ほぼ360度の視界を10.2インチ静電式タッチスクリーンに表示)

プライバシーガラス

最終更新:5/29(月) 15:34
オートックワン