ここから本文です

【個別銘柄】HISや日電硝が上昇、鉄鋼株や大日本住友は安い

5/29(月) 11:40配信

Bloomberg

29日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は次の通り。

エイチ・アイ・エス(9603):前週末比14%高の3200円。2016年11月-17年4月期営業利益は前年同期比27%減の62億4600万円だったと26日に発表した。野村証券は、九州関連2事業が苦しんだものの、旅行事業が回復、不採算事業の整理も進んだと分析。ホテル事業が舞浜の「変なホテル」の開業費用をこなして前年同期比増益を確保したことを捉え、少しずつでも新規事業の業績貢献が具体的に見え始めたのは明るい兆しと評価した。目標株価を3400円から3600円に引き上げ。このほか、発行済み株式総数の5.82%、100億円を上限に自社株買いを実施することも好感された。

日本電気硝子(5214):2.9%高の774円。米塗料大手PPGインダストリーズから米国のガラス繊維事業を約600億円で買収すると26日に発表。アドバンスト・リサーチの黒澤真アナリストは、「米国第一主義を掲げるトランプ政権に対応するためには米国の拠点が必要だった。今回の買収でグローバル体制が整うため、もともと利益率の高いガラス繊維事業がさらに伸びる」と評価。液晶用ガラス基板事業の不透明さを吸収できる見通しとも述べた。大和証券はガラス繊維事業の好調などを理由に26日付で目標株価を720円から820円に引き上げ。

鉄鋼:新日鉄住金(5401)が3.3%安の2387円、JFEホールディングス(5411)が2.8%安の1832円、神戸製鋼所(5406)が2.6%安の1021円など。ジェフリーズ証券は26日付英文リポートで、商品市況や海外の鉄鋼市場が大きく変動する中、マージンの低下を回避できないと指摘、新日鉄住金の投資判断を「買い」から「ホールド」に、目標株価を2990円から2400円に引き下げた。 JFEHDの目標株価も2100円から1750円に変更。

大日本住友製薬(4506):4.1%安の1673円。米国子会社サノビオン・ファーマシューティカルズは26日、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の長期維持療法として米食品医薬品局(FDA)に提出した「SUN-101」(グリコピロニウム臭化物)の新薬承認申請について、現状では承認できないことを伝える審査完了通知をFDAから受け取ったと発表した。モルガン・スタンレーMUFG証券は、同薬は5月29日にFDA認可を得るというのがコンセンサスだったため、今回の遅延は意外と指摘した。

1/3ページ

最終更新:5/29(月) 15:17
Bloomberg

Yahoo!ニュースからのお知らせ