ここから本文です

SF連銀総裁:5年後のバランスシート、「はるかに小さい」見込み

5/29(月) 18:54配信

Bloomberg

米サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は29日、連邦準備制度のバランスシートは縮小のプロセスが終わった時点で今よりも「はるかに小さく」なっているだろうと述べた。同プロセスは「ごく小さな規模」で年内に始まるだろうとしている。

同総裁はシンガポールでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、「これが全て終わった5年後の時点でバランスシートの規模はどの程度になっているだろうか。まだ決めていないが、現在よりはるかに小さいだろう」と語った。

バランスシート縮小は「退屈」なもので「表立たない」やり方で行われるだろうとし、縮小後も当局の資産規模は危機前よりは相当大きいだろうとも話した。

4兆5000億ドル(約501兆円)規模の「バランスシートが2兆もしくは2.5兆程度になるのかという問題だが、私は決めようとはしないし、われわれは決めていない」と述べた。

米経済については「堅調だ。勢いがある」とし、「インフレ目標達成にはまだ道のりがあるが経済については楽観している」と語った。

原題:Fed’s Williams Sees ‘Much Smaller’ Balance Sheet in Five Years(抜粋)

Alessandro Speciale

最終更新:5/29(月) 18:54
Bloomberg