ここから本文です

ドラギ総裁:ユーロ圏経済、ECBによる異例の金融緩和がなお必要

5/29(月) 23:18配信

Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は29日、ユーロ圏には依然として異例の金融政策による支援が必要だとの考えを示した。景気は加速しているものの、経済のたるみを吸収し安定的なインフレを回復するには中銀の支援が必要だと指摘した。

総裁はブリュッセルの欧州議会の経済金融委員会で証言し、「フォワードガイダンスを含め金融政策による異例な規模の支援がなお必要だと、われわれは引き続き強く確信している」と述べた。「域内の物価圧力、特に賃金からの圧力は、当中銀の中期的目標へとインフレ率が持続的かつ自律的に収れんするにはなお不十分だ」と指摘した。

冒頭声明では、「景気の上昇勢いはますます着実になり、セクターや国を越えて広がりつつある」とし、「内需と投資が回復の主たる原動力である事実は、回復をより堅固にし、下振れリスクに対する耐性のあるものにする。下振れリスクは主として世界要因に関連している」と説明した。ドラギ総裁はまた、「成長見通しに対する下振れリスクは一段と後退しつつある」と言明した。ECBは来週、政策委員会を開く。一部の政策当局者からは、景気見通しに対するリスクバランスはおおむね均衡したとの認識を示す可能性が示唆されている。

原題:Draghi Says Euro Area Still Needs Extraordinary ECB Support(抜粋)

Alessandro Speciale

最終更新:5/29(月) 23:18
Bloomberg

Yahoo!ニュースからのお知らせ