ここから本文です

メルセデスAMGの来季ドライバーは現行維持か

5/30(火) 5:48配信

TopNews

ニキ・ラウダがメルセデスAMGでは来季も現行ドライバー体制でいくことになるだろうと示唆した。

ラウダが非常勤会長を務めるメルセデスAMGでは、これまでに3度F1チャンピオンとなった経験を持つルイス・ハミルトンとは2018年までの契約を結んでいる。

だが、昨年限りでF1を引退してしまったニコ・ロズベルグの後任としてウィリアムズから迎えたバルテリ・ボッタスに関しては2017年の1年契約しか結ばれておらず、メルセデスAMGとしては2018年にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)もしくはフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)の獲得を目指しているのではないかとのうわさもある。

だが、ラウダは『Bild am Sonntag(ビルト・アム・ゾンターク)』に対し、ベッテルは現在のフェラーリに満足しているはずだし、アロンソに関してはチーム内で「全く話題にも上っていない」とその可能性を否定し、次のように付け加えた。

「我々のところには2人の優れたドライバーがいるし、何かを変えなければならない理由などないよ」

具体的に、いつごろボッタスの契約延長手続きを行うことになるのかと尋ねられたラウダは、次のように答えている。

「その件についてはもう少し時間をかけて様子をみることになるだろう。だが、そうしない理由は全くないよ」

最終更新:5/30(火) 5:48
TopNews